栗原佑実子

肌家 ​現代美術作家

福島県生まれ/東京都在住

作品制作の基盤は、武蔵野美術大学にて空間について学び、身体が持つ、纏う空間を捉える考え方に大きなインスピレーションを得たことから始まりました。何故なら、17 歳頃から生活環境の変化を受け、肌が入退院を繰り返す程に異常過敏状態になった経験があり、今もなお、肌の存在に敏感で強く意識しなければならない身体を持っているからです。

在学中より、肌を着がえる「TATTOO Skin」(2002年)など、肌を主題にした作品を開始しました。卒業後は「肌家(はだか)」を名乗り、心/魂と外部の境界面にある「肌」を主題にした写真、オブジェ、インスタレーションなど多岐に渡る表現で作品を展開。ポートレイトとして肌の病変を撮り続けた写真をテキスタイルへ展開した衣服「This is ME !!」(2008年)では、醜い作品と評され、その評を受けて書いた醜いとは何か、醜い “私” を考える「美醜」の作文と一連の作品で、武蔵野美術大学奨学制度パリ賞を受賞、渡仏後はCité Internationale des Artsにて滞在しました。パリを拠点に一人旅で10カ国を巡り、何が「美」で「醜」であるかは自身で見定めることと学び、 改めて表現方法の試行が始まります。帰国後、元電気工場の古民家を制作・展示スペースに改装し「HADA-Ka Studio」(2012年)を設け、オープンスタジオ、展示を開催。近年は鏡を肌に見立て、映る自身と世界に対面し鏡面に傷をつけながら彫む「Eternal mirror」シリーズに取り組み、物質としての肌から解放される光と影のインスタレーションの制作を続けています。

【略歴】

2012   HADA-Ka Studio 主宰(東京)〜現在

2010-2011 Cité Internationale des Arts(パリ,フランス)滞在

2005-2013 写真家/高木由利子主宰「papalagi studio」スタジオアシスタント

2003   武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科ファッションデザイン専攻卒業

【賞・展示・滞在制作歴】

2020 「うつらうつらと漲る」個展/HADA-Ka Studio(東京)

2018   「The inner friends」個展/HADA-Ka Studio(東京)
        「SICF19」 合同展示/スパイラルホール(東京)

2016 「,Eternal,」個展/HADA-Ka Studio(東京)

2013    「助手展」合同展示/武蔵野美術大学(東京)

          「栗原佑実子 個展」企画展/ギャラリーy(東京)

2010 「inaugurazione」合同展示/Galleria Luisa delle Piane(ミラノ,イタリア)

2009 「2010年度 武蔵野美術大学パリ賞」〈受賞〉

2007 「国立新美術館 黒川紀章キーワードライブ展」日本文化デザインフォーラム/国立新美術館(東京)

2006 「カウパレード in MARUNOUCHI 2006」三菱地所/ADK(東京)〈招待作家〉

2005    「The Project of 山口小夜子×高木由利子 蒙古斑革命~光と闇の夜~」バザール出店/CLASKA(東京) 

    「東京コンペ#2」三菱地所/ADK(東京)〈ダンス&バザール部門 優秀賞〉

2004   「東京コンペ#1」三菱地所/ADK(東京)〈ビジュアル&アート部門 協賛賞〉

2003 「武蔵野美術大学卒業制作展」武蔵野美術大学/空間演出デザイン学科(東京)〈助手賞〉

KURIHARA Yumiko

HADA-Ka   Artist

Born in Fukushima, Live in Tokyo

She goes by the pseudonym of “HADA-Ka.”

This term means “skin specialist,” Phonetically, this word is similar to another Japanese word that means “nakedness.” Using the skin as the main focus, she has created works of art for installations and photography sessions and has created costumes for performances, which can be called new adopted skin. She creates greatly varied forms, experimenting with all kinds of materials, and changes the ordinary into the extraordinary, causing people, or wearers of the new skin, to have a different outlook on themselves and the world around them.

【EXHIBITIONS】

2020  solo show "to drift off, to spill over", HADA-Ka Studio, Tokyo

2018    - solo show "The inner friends", HADA-Ka Studio, Tokyo
          -group show, “Spiral Independent Creators Festival (SICF)”, Organized by Spiral, Tokyo

2016  solo show ",Eternal,", HADA-Ka Studio, Tokyo

2013      group show, “The Research Associate Exhibition”, Musashino Art University, Tokyo

2010  group show, “inaugurazione'', Galleria Luisa delle Piane, Milano

2007  group show, “KISHO KUROKAWA KEYWORD LIVE”, The National Art Center, Tokyo

2006  group show, “cow parade in MARUNOUCHI 2006”,  Tokyo

 

【AWARDS, RESIDENCY】

2010 - 2011 Artist in residency, Cité Internationales des Arts, Paris

2009 Paris prize, Musashino Art University, Tokyo

2005 Prize of the Sayoko YAMAGUCHI, TOKYO CONPE 2005, Tokyo

2004 Prize of the Sponsor, TOKYO CONPE 2004, Tokyo

2003 Prize of the Laboratory, Musashino Art University, Tokyo

 

【EDUCATION】

1998 - 2003     Musashino Art University, Tokyo, Japan

ⓒ 2002-2020 KURIHARA Yumiko ; All rights reserved.